須賀川道院にて7ケ月ぶりに入門式を挙行しました。

合掌

 道院検索サイトを見て、定年退職と同時に入門された篠原拳士の入門式を
R6.6.8に挙行しました。入門の動機は「以前より武道に興味があった」という事で、
単なる武道やスポーツではない「真の武道である」少林寺拳法の技と教えをしっかり
と伝えていかなければならないと私自身改めて実感する式典となりました。
又金剛禅門信徒としての自覚を促すために「緑輪袈裟」の授与式を併せて実施。
参列した拳士全員の新入門者への温かい眼差しと篠原拳士のきりっとした表情が印象的でした。  

                                                                 結手
                    

 

 

いいね!>> いいね! 20人